• 無料体験チケットをGET!無料体験チケットをGET!
  • 取り扱い店をさがす取り扱い店をさがす

乾燥したオフィスや、長時間のパソコンやスマートフォンの利用。それは、コンタクトを装用した目には過酷な環境!乾燥したオフィスや、長時間のパソコンやスマートフォンの利用。それは、コンタクトを装用した目には過酷な環境!

  • 真実1 目を酷使している人は2倍、目の乾きや疲れを感じている!*1真実1 目を酷使している人は2倍、目の乾きや疲れを感じている!*1
  • 真実2 デジタルデバイス2つ以上で疲れ目の割合1.5倍!*2真実2 デジタルデバイス2つ以上で疲れ目の割合1.5倍!*2
  • 真実3 パソコン作業中まばたきの回数は、普段の1/3程度に!*3真実3 パソコン作業中まばたきの回数は、普段の1/3程度に!*3

この乾きや疲れの原因は 実は、目の表面の「涙の安定」にありました!この乾きや疲れの原因は 実は、目の表面の「涙の安定」にありました!

  • 裸眼時 ムチンにより一定に広がり安定裸眼時 ムチンにより一定に広がり安定
  • コンタクト装用時 ムチンが失われ不安定に 涙が蒸発しやすくなり、見え方の不良やつけ心地の不良につながります。コンタクト装用時 ムチンが失われ不安定に 涙が蒸発しやすくなり、見え方の不良やつけ心地の不良につながります。
ワンデー アキュビュー®オアシス®なら 涙に含まれる「ムチン」を模した成分をレンズに密に組み込むことで、「涙」を安定ワンデー アキュビュー®オアシス®なら 涙に含まれる「ムチン」を模した成分をレンズに密に組み込むことで、「涙」を安定
  • ムチンとは?

    涙に元々含まれる粘着性の物質で、
    とろみによってうるおいを保ち、
    目の表面の乾燥や摩擦をふせぎます。
    コンブやナメコのネバネバ・トロトロも
    同じムチンの働きによるものです。

  • 動画で詳しく見る

    「疲れ知らず」を目指した独自技術*4とは!?

持続する快適さと鮮明な視界。誰も体験したことのなかったハイパフォーマンスがここに実現!持続する快適さと鮮明な視界。誰も体験したことのなかったハイパフォーマンスがここに実現!

さっそくワンデー アキュビュー®オアシス®を体験する!さっそくワンデー アキュビュー®オアシス®を体験する!

詳しくはこちら
無料体験チケット ワンデー アキュビュー® オアシス® 一部販売店にて先行販売中 ※このチケットを印刷、または表示した画面を、無料体験実施店にてご提示ください。無料体験チケット ワンデー アキュビュー® オアシス® 一部販売店にて先行販売中 ※このチケットを印刷、または表示した画面を、無料体験実施店にてご提示ください。

※このチケットを印刷、または表示した画面を、
無料体験実施店にてご提示ください。

  • !無料体験実施店でのみご利用いただけます。
  • !検査料と健康保険証が必要となります。
無料体験実施店舗をさがす無料体験実施店舗をさがす

チケット使用にあたってのご注意

  • 眼科医による検査後、ワンデー アキュビュー® オアシス®を無料でお試しいただけます。
    (この試用期間中に、あなたの目の適性をチェックします。)
  • 検査料は別途必要になります。
  • 装用スケジュールなどレンズの取扱いについては、眼科医の指示に従ってください。
  • お試しいただくレンズの枚数や試用できる期間は、眼科医の判断により異なります。
  • 検査の結果、装用いただけない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 無料体験は、初めてお試しいただく方のみを対象とさせていただきます。
CLOSE
※ 装用感には個人差があります。 
  • *1
  • 出典:Johnson & Johnson Vision Care, Inc. データより
  • *2
  • 2016 DIGITAL EYE STRAIN REPORT, THE DIGITAL DEVICE DILEMMA : THE VISION COUNCIL
  • *3
  • 出典:佐藤直樹,山田昌和,坪田一男:VDT 作業とドライアイの関係.あたらしい眼科9:2103−2106, 1992.
  • *4
  • 当社独自のハイドラリュクス™・テクノロジー。涙液中のムチンを模した成分とシリコーン素材が密に絡み合うことで自然な涙液層の構造を模倣し、まるで涙液層の一部のように働きます。

販売名:ワンデー アキュビュー オアシス 
承認番号:22800BZX00049000 ®登録商標 ®J&J KK 2016
コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。
ご使用前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。