Myアキュビュー® トップ > お楽しみコンテンツ > みんなの知りたいを投稿しよう!おしえて!瞳のギモン > レンズケアについて

みんなの知りたいを投稿しよう!おしえて!瞳のギモン

第4回目レンズケアについて

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが、
ひがしはら内科眼科クリニック・副院長 東原尚代先生監修のもと、編集しています。

コンタクトレンズは、
どれくらいの時間、こすり洗いをすればいいですか?(質問者:のここさん、まよさん、れおさん、いちごじゅーすさん )

2週間交換タイプのソフトコンタクトレンズを、1本で洗浄・消毒・保存ができる化学消毒剤(MPS:マルチパーパスソリューション)でレンズケアする場合、こすり洗いの目安は、レンズの表と裏、それぞれ20回程度です。時間でいうと、両目2枚のレンズをこすり洗いするのに、少なくとも数分はかかるでしょう。しかし時間をかければいいというわけではなく、正しい方法で丁寧に洗うことが何よりも大切です。
まず手の平にレンズをのせ、ケア剤をそそぎ、指の腹で丁寧にこすり洗いをしてください。指でレンズをつまんでこするよりも、手の平にレンズをのせてこする方が、レンズが安定し、丁寧に洗えます。またレンズの中央だけではなく、周辺部も洗うようにしましょう。
目に装用したレンズには、涙のタンパク質や脂質(油分)などの汚れがついています。汚れがついたままのレンズを装用していると、目のトラブルの原因に。レンズを1日装用したら、お使いになるケア剤の取扱説明書に従って、正しくレンズケアをしましょう。

<ポイント!>
・ケア剤(化学消毒剤)には、さまざまな種類があります。目の状態やコンタクトレンズによって、お使いいただけないものがあります。必ず眼科医に指導されたものを使いましょう。
・ケア剤以外は絶対に使わないでください。たとえば水道水の場合、微生物が含まれている可能性があり、レンズに付着すると感染症の原因に。また浸透圧の違いからレンズが変形したり、不純物によってレンズが変色したりする場合があります。

  • ケア用品は、取扱説明書に従ってご使用ください。
  • 具体的なケア方法については、眼科医の指導に従ってください。

毎日きちんとケアしていても、
レンズが白っぽくくもるのは、なぜですか?
2週間交換タイプのソフトコンタクトレンズの場合 (質問者:ロンタさん、キララさん、ビビアンさん)

コンタクトレンズがくもる原因のひとつとして、涙に含まれるタンパク質や脂質(油分)による汚れが考えられます。タンパク質や脂質は、目や涙にとって大切な成分なのですが、コンタクトレンズを装用するとレンズに付着し、きちんと除去しないと汚れとなって蓄積してこびりついてしまうことがあります。人によって涙の量や質が異なる上に、アレルギー性結膜炎など目の病気によって汚れがつきやすい人と、そうでない人がいます。
また化粧品の油分など、体の外からの汚れも、レンズのくもりの原因になる場合があります。
汚れがついたままのレンズを装用していると、見え方やつけ心地が悪くなるだけでなく、角膜の傷や角膜感染症、結膜炎の原因になりかねません。汚れを落とすためには、レンズをしっかりこすり洗いすることが大切です。ケア剤(化学消毒剤)の取扱説明書に従って正しくレンズをケアしましょう。それでもレンズがくもりやすいと感じたら、眼科医に一度相談してみましょう。 
またソフトコンタクトレンズの素材には、タンパク質汚れがつきやすいものや、脂質汚れがつきやすいものなど、さまざまな特徴がありますので、目の状態にあわせて、眼科医にレンズ素材を選んでもらいましょう。

<タンパク除去剤を使ったほうがいい?>
アキュビュー®のコンタクトレンズの場合、基本的にはタンパク除去は不要ですが、汚れが気になる場合には、眼科医にご相談ください。

レンズケースはきれいに洗って乾燥させれば、ずっと使えますか?
(質問者:せりりさん、Keiさん、なえたんさん、白ぱんださん、AAAKさん、ほにょママさん)

いいえ。同じレンズケースをずっと使うことはできません。
レンズケースは、毎日正しくケアしていても、約1~3か月を目安に新しいケースと交換しましょう。たとえきれいに見えていても、ケースにできた傷などに汚れが付着したり、細菌などの微生物がバイオフィルム*を形成したりすると、通常のケアでは除去しきれない可能性があるためです。
感染症の原因となる微生物は、洗面所など、私たちの身の回りに多く生息しており、レンズケースに付着する可能性は十分にあります。コンタクトレンズを装用する際に、微生物をレンズと一緒に目に持ち込まないよう、コンタクトレンズだけでなく、レンズケースも、いつも清潔に保ちましょう。

*バイオフィルム:複数種の微生物が共存する共同体のこと。微生物がつくり出す物質(多糖類高分子)に守られており、微生物はこの中で増殖します。台所や洗面所で見られる「ぬめり」も、このバイオフィルムと考えられています。

<レンズケースのケア方法>

  1. レンズを取り出したら、ケースの中のケア剤(化学消毒剤)を捨てる
  2. 水道水でよく洗う
  3. キャップをあけたまま、自然乾燥させる
  4. 3か月を目安に新しいケースと交換する
おしえて!瞳のギモン! 投稿はこちら
Myアキュビュー® 会員登録はこちらおしえて!瞳のギモン! 投稿はこちら