ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2017年 > 2017.03.13

プレスリリース

2017.03.13

12年ぶりにアキュビュー® CMに出演する戸田恵梨香さんと
昨年より出演中の久保田紗友さんが姉妹役で初共演!
アキュビュー® の新CM、3月13日(月)から関東・関西・中京エリアで放映開始
YouTube総再生回数7,500万回超えのシンガーソングライターMACOさん
書き下ろし曲をキャンペーンソングに採用

「目の健康」を大切にする使い捨てコンタクトレンズ「アキュビュー®」を提供する、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役プレジデント:海老原育子)は、新生活の到来に合わせて変わろうとする若者を応援する新CM「春をみつめる」篇を、3月13日(月)から関東・関西・中京エリアで放映開始します。

今回の新CMでは、数多くの人気作品への出演で知られる人気女優・戸田恵梨香さんと、テレビドラマやCMで注目を集める女優・久保田紗友さんが四姉妹の姉妹役で初共演します。

久保田さんが演じるのは、引っ込み思案で控えめな性格の高校生の四女。気になる男の子がいながらも、なかなか話しかけることができません。しかし、アキュビュー® によってクリアな視界を手に入れたことで、少しずつ自信につながっていきます。四女の表情が明るく変わっていく様子が、戸田さん演じる姉(次女)の視点から描かれます。

今回のキャンペーンはCMだけでなく、WEBやSNSで展開するロングバージョンの動画でもお楽しみいただけます。
戸田さんは、初の単独出演をしたアキュビュー® CMのキャラクターから12年を経て、アキュビュー® 史上初となる2度目の出演が決定。戸田さん出演の次女にフォーカスした「太陽みたいな人」篇も、テレビCM、WEB、SNSにて5月から公開予定です。

また、新CMをはじめとする今回のキャンペーンでは、共感できる歌詞とその歌声で10〜20代を中心に絶大な人気を誇るシンガーソングライター・MACOさんによる新曲「恋するヒトミ」をキャンペーンソングとして採用しました。MACOさん初の企業キャンペーンに提供する書き下ろしとなった今回の楽曲は、前に進もうと頑張る人へ向けたポジティブな応援ソングです。思わず口ずさんでしまうほどキャッチーで、まるで陽ざしを感じさせるような明るいサウンドに仕上がっています。ロングバージョンにはMACOさんも登場しています。

CM概要

CM概要

TV

タイトル 「春をみつめる」篇 TVCM15秒
放映期間 3月13日(月)~4月30日(日)
放映エリア 関東・関西・中京エリア

WEB

タイトル 「春をみつめる」篇 ショートムービー
URL http://acuvue.jnj.co.jp/begin/cp/
CMストーリー

CMストーリー

東京・月島を舞台にした、とある四姉妹のストーリー。次女(戸田恵梨香さん)の「うちの妹は、ちょっとどんくさい」という一言から、ストーリーは幕を開けます。四女(久保田紗友さん)は、運動神経が悪く、引っ込み思案。気になっている男の子がいても、なかなか声をかけることができません。一方、自分とは対照的な、天真爛漫で自由人の姉に、憧れと引け目を感じています。

「そんな私も、変わりたい」

これまでの自分を変えるために、四女はアキュビュー® でコンタクトレンズデビューをします。これまでぼやけていた視界もクリアになり、気になっていた男の子の姿もはっきり見えるようになります。

「『見える』って、顔に出る」

新しい自分を手に入れた四女は、男の子と会話のきっかけをつかむことができました。

新生活シーズンを迎えるにあたり、「新しい自分を手に入れたい」という思いをお持ちの方を応援したい―このCMにはそんな思いが込められています。

戸田さんが演じる次女にフォーカスした「太陽みたいな人」篇も、5月にテレビCMとWEB、SNSにて公開予定です。

テーマソングならびに楽曲提供アーティスト

テーマソングならびに楽曲提供アーティスト

本CMのテーマソング「恋するヒトミ」は、日本人アーティストでは最速でYouTube総再生回数7,500万回を突破した、10~20代を中心に絶大な人気を誇るシンガーソングライター・MACOさんによる書き下ろし。
MACOさんが企業のキャンペーンのために新曲を提供するのは、今回が初めてです。思わず口ずさみたくなるようなポジティブな曲調が、「前に進もう」と思っている方を応援します。
さらにWEBやSNSにて公開するロングバージョンには、MACOさん本人が出演しています。MACO「恋するヒトミ」はユニバーサル ミュージックより5月17日に発売されます。

MACOさんプロフィール

2014年にメジャーデビュー以降、ラブソングを中心に共感を呼ぶ歌詞や、歌声で10〜20代の男女に絶大な人気を誇るシンガーソングライター。SNSを中心に話題を集め、ニューアルバム『love letter』を2016年9月21日(水)にリリース、オリコン週間ランキング7位を記録し、アルバム2作連続でTOP10入りを果たした。今年5月より初の全国ホールツアーが開催される。

MACO official site:http://www.macoopc.com/

MACOさんコメント

「私を変える」というアキュビュー® さんのメッセージを、みんなに共感してもらえるラブソングとして歌詞にするために何度も書き直しました。サビで、好きな人以外の人へ強く語りかけることは今までの自分の曲ではあまりなかったので、本当に何度も書き直しました。CMをご覧になる皆さんに気に入って頂けると嬉しいです。立ち直って悩んで、立ち直ってはまた折れて、の繰り返しの中、私は日々生きています。同じような境遇の女性の皆さんの心の支えとなれるかもしれない曲が出来ました。「自分次第で未来は変わっていく」そんなふうに思ってもらえたら嬉しいです。

ストーリーボード

ストーリーボード

(1) 次女NA:
うちの妹は
(6) なんか変わった?
(2) ちょっとどんくさくて、 (7)  
(3) 引っ込み
思案。
(8) 四女:
わあ・・・
(4)   (9) 次女:
いいじゃん
(5) そんな妹が (10) NA+コピー:
よく見えるって、
顔に出る。
      (11) NA:
アキュビュー®
(1) 次女NA:
うちの妹は
(2) ちょっとどんくさくて、
(3) 引っ込み
思案。
(4)  
(5) そんな妹が
(6) なんか変わった?
(7)  
(8) 四女:
わあ・・・
(9) 次女:
いいじゃん
(10) NA+コピー:
よく見えるって、
顔に出る。
(11) NA:
アキュビュー®
出演者プロフィール

出演者プロフィール

戸田 恵梨香さん

戸田 恵梨香さん

生年月日 1988年8月17日
出身地 兵庫県

「エンジン」(2005年/CX)、「野ブタ。をプロデュース」(2005年/NTV)で注目を浴びる。

「DEATH NOTE デスノート」2部作(2006年)で映画デビューを飾り、圧倒的な人気を獲得する。10年ぶりの続編「DEATH NOTE デスノート Light up the NEW world」(2016年)にも出演。

近年では、「LIAR GAME」シリーズ(2007/2009/2010年)、「SPEC」シリーズ(2010/2012/2013年)を大ヒットに導いた。

その他の出演作は、「駆込み女と駆出し男」(2015年)、「予告犯」(2015年)、「日本のいちばん長い日」(2015年)、「エイプリルフールズ」(2015年)など。4月スタートの連続ドラマ「リバース」(TBS)や映画「無限の住人」(2017年4月29日公開)に出演。

戸田さんコメント

12年ぶりにアキュビュー® のイメージキャラクターになれたことは大変光栄です。帰ってこられたという喜びと同時に恥ずかしさもありました。また、今回は四姉妹の設定で30歳のOLということもあり、月日が経ったことを思い知らされ、なんとも言えない気持ちになりました(笑)12年ぶりのアキュビュー® 、出来上がりの映像を見るのが楽しみです。

久保田 紗友さん

久保田 紗友さん

生年月日 2000年1月18日
出身地 北海道

2013年、「神様のイタズラ」(BS-TBS)、「三人のクボタサユ(NHK)」、共に主演に抜擢される。

2015~16年、NTTドコモ「iPhone・iPad」のCMにて注目を集め、2016年、CX「美しき三つの嘘」の「ムーンストーン」に出演し、存在感の強さが話題に。

今年2017年、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」に出演し、山本五月役を好演。映画「疾風ロンド」(2016年)等に出演し、他に「ハローグッバイ」、「モルエラニの霧の中」などの公開が控えている。飾らない雰囲気と笑顔でティーン世代から絶大なる人気のある期待の若手女優。

久保田さんコメント

体育館でのバドミントンシーンやもんじゃ焼き屋さんでのシーンなど、他にもたくさんの場所を短い撮影時間の中で巡り、気温は寒かったものの共演者の方やスタッフさんのあたたかさで温まった楽しい撮影となりました。
四姉妹でのシーンは、本当の姉妹のように和気あいあいと撮影ができたと思います。
CMなので本当に一瞬だと思いますが、目が悪くて玉こんにゃくを上手く掴めず落としてしまうシーンが私的に苦戦しました(笑)。
私が演じる四女は、視力が悪くて目を細めるクセがあり、それがコンプレックスでなかなか自分から前に進むことができない引っ込み思案な高校3年生。
アキュビュー® と出会うことで見える世界が変わり、少しずつ気分も前向きに変わっていく四女を映像を通して皆さんにお伝えできればと思っています。

スタッフリスト

スタッフリスト

広告主 ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
広告代理店 株式会社 モメンタム ジャパン
制作会社 株式会社 ナカハタ、株式会社 東北新社
演出 高島 夏来(株式会社 東北新社)

<ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーについて>

アキュビュー® 25周年

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーは、1991年に世界初の使い捨てコンタクトレンズ アキュビュー® を日本に導入して以来、今年で25周年を迎えました。その間、常に使い捨てコンタクトレンズ市場をリードし続けてきました。これからも、すべての人が毎日を健康に明るくクリアな視界で過ごせるよう、人々のクオリティ・オブ・ビジョン(QOV)の向上を目指して、貢献し続けたいと願っています。

アキュビュー® はジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の登録商標です。

この情報は発表時点での情報です。