ホーム > 会社情報 > ニュース > 独立行政法人国民生活センターの「カラーコンタクトレンズの安全性」に関する商品テスト結果についての当社見解

ニュース

2014.5.22

独立行政法人国民生活センターの「カラーコンタクトレンズの安全性」に関する商品テスト結果についての当社見解

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーは、この度、独立行政法人国民生活センターが、コンタクトレンズ学会および日本眼科医会との連携の下実施された、カラーコンタクトレンズの安全性に関する包括的で厳正な調査結果を支持致します。

当社は、リーディングヘルスケアカンパニーとして、今回ご指摘がありましたように、消費者が眼科医の処方及び指導なしでカラーコンタクトレンズを購入し、不適切に使用していることが原因で、目の健康が脅かされているという状況を深刻な問題と捉えており、今回の独立行政法人国民生活センターによる「消費者へのアドバイス」「業界・事業者への要望」「行政への要望」の内容について全面的に賛同致します。

なお「業界・事業者への要望」でご指摘された問題につきましては、今回当該商品テストの対象となった当社の製品ワンデー アキュビュー® ディファイン® 、2ウィーク アキュビュー® ディファイン® において、該当するものはありませんでした。

今回「業界・事業者への要望」で指摘された4項目につきましては、当社の製品及び情報提供に対する取り組みは、全てのご要望を満たしておりました。

それぞれのご要望について、下記の通りご報告申し上げます。

(1)直径、ベースカーブにおいて、表示値からの許容差を超え、承認基準を満たしていないおそれのある銘柄がありました。品質管理の徹底や商品の改善を要望します。

(当社の回答)今回の報告の通り、当社のワンデー アキュビュー® ディファイン® (No. 4)、2ウィーク アキュビュー® ディファイン® (No.10) は、承認基準に沿った製品仕様となっております。当社の第一の責任として、コンタクトレンズユーザーの皆様にお届けする製品の品質を確保するため、製造工程における品質管理を徹底しております。

(2)インターネットの着色部分に関する広告で、消費者に誤認を与えると思われる表現が見られました。また、添付文書の文字が著しく小さく、消費者に必要な情報が伝わりにくいと考えられる銘柄もありました。消費者に正しい情報を分かりやすく提供するよう要望します。

(当社の回答)今回の報告で、当社製品の『サンドイッチ構造』について、色素がレンズ素材の表面に出ていないことが確認されました。消費者及び医療従事者向けに提供する資料等の製品情報につきましては、適切な社内手順を設け、学術的に証明された正確で明確な表現を徹底しております。

(3)低含水性でHEMA素材のグループIのカラーコンタクトレンズは、短期の装用でも眼障害を起こしやすい傾向がみられました。レンズ素材、厚さ、着色方法の変更等、眼障害を起こしにくい商品を開発するよう要望します。

(当社の回答)ワンデー アキュビュー® ディファイン® 、2ウィーク アキュビュー® ディファイン® につきましては、グループI(含水率が50%未満で非イオン性のもの)に属する製品ではございません。当社では引き続き、高い安全性及び性能を追求し、さらに優れた製品の開発に努めてまいります。

(4) 消費者が適正にカラーコンタクトレンズを購入、使用できるよう、販売時に適切な情報提供や確認を行うよう要望します。

(当社の回答)当社は、消費者がコンタクトレンズをより安全に快適に使うための情報を、眼科医及び販売店等に一貫してご提供しております。また、当社の営業部員や、学術セミナーなどを通して、眼科医及び販売店等による消費者への啓発を支援しております。

当社はリーディングヘルスケアカンパニーの責任として、従来より、今回、ご指摘のあった消費者への啓発活動に力を入れております。最近では、消費者の目の健康のため、眼科でのコンタクトレンズ処方及び定期検査を促す、「眼科へ行こう!」をテーマにした啓発活動を実施しております。4月に続き、6月にもテレビCMを放映し広くコンタクトレンズの安全な使用について訴えることを決定致しました。

消費者の目の健康を第一に考える先進的な企業として、優れた製品をご提供すると同時に、消費者に向けた啓発活動にも、さらに尽力してまいります。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
ビジョンケア カンパニー
代表取締役プレジデント
デイビッド・R・スミス