ホーム > 会社情報 > ごあいさつ

ごあいさつ

ごあいさつ

ごあいさつ

「我が信条」

日本のコンタクトレンズユーザーの「目の健康」のために

1991年10月27日、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社は、使い捨てコンタクトレンズを日本に導入しました。

その後、日本の眼科医の声を背景に、「毎日清潔であること」をコンセプトに開発した1日使い捨てコンタクトレンズ、ワンデー アキュビュー® を世界に先駆けて日本市場で発売したのが1995年4月ですから、1日使い捨てコンタクトレンズの歴史はちょうど20年を迎えたことになります。

その間、私たちは、毎日クリアな視界を提供することで、みなさまのクオリティ・オブ・ビジョン(QOV)に貢献したい、という思いで、質の高いコンタクトレンズの研究開発に取り組み、安全性と品質管理に配慮しながら、視力補正のニーズを持つ多くのみなさまにアキュビュー® ブランドのコンタクトレンズをお届けしてきました。

現在、アキュビュー® 製品のラインアップは13種類。 近視、遠視に加え、乱視や老視など、様々な視力補正のニーズに対応しています。 1998年には、全製品にUVカットを導入し、さらには、2005年にワンデー アキュビュー® ディファイン® の発売で、美しくありたいという女性の願いに寄り添った、ビューティーレンズのカテゴリーをつくりました。

安全性の高いコンタクトレンズの開発や、品質管理へのこだわりと同様に、コンタクトレンズの適正使用のための啓発活動にも力を入れています。 なぜなら、コンタクトレンズは特別な管理が必要な「高度管理医療機器」に分類されているため、正しく使用していただくことがとても大切だからです。

2015年には「目の健康」の推進を目指して、コンタクトレンズの適正使用のために、「適切な情報提供等」を徹底する環境づくりをスタートしました。

これまでも、これからも、使い捨てコンタクトレンズ、アキュビュー® ブランドの製品を通して、みなさまが自分らしく生き生きと過ごすためのパートナーになれることが、私たちにとって最高の喜びです。