トップ > はじめてのコンタクトレンズ > 保護者の方へ > トラブルについて

トラブルについて

コンタクトレンズは、大切な目に直接使用するものです。間違った使い方をしたり、「今日だけはいいや」とケアを怠っていると、取り返しのつかないトラブルにつながります。コンタクトレンズを正しく清潔に使っているか、目に充血などの異常はないか、普段からお子さまのレンズケアや目の状態をチェックしてあげてください。

定期検査で目のSOSを見逃さない!
定期検査で目のSOSを見逃さない!

目にトラブルがあっても自覚症状が少ないことがあります。眼科医による定期検査を受け、目の異常の早期発見・治療を心がけましょう。

トラブルケース

角膜血管新生 かくまくけっかんしんせい

目の上方から角膜に血管が伸びている状態

目の上方から角膜に血管が伸びている状態

コンタクトレンズをしたままついつい朝まで寝ちゃう・・・。でも平気だと思っていました。

18歳・男性・高校生
本当はダメなんだけれど、眠くて、ついコンタクトレンズをつけたまま寝ちゃうことがよくあったんです。痛みとか、かゆみとかもないから、大丈夫かなって思ってました。でもある朝、母親が「目がちょっと変じゃない?」って言うので眼科に行ったら、先生に「角膜血管新生」と言われてびっくり。自分ではまったく気づきませんでした。

 

コンタクトレンズを装用したまま眠ったときや、目に合わないレンズを使用しているときに起こりやすいトラブルです。角膜の酸素不足が原因で、もともとは血管のない角膜に、酸素を供給するために血管が伸びてきた状態です。自覚症状がないため、気づかない間に進行することがあります。目には酸素が大切だということを忘れないでください。眼科医の指導を守って、レンズは正しく使用しましょう。

巨大乳頭結膜炎 きょだいにゅうとうけつまくえん

上まぶたの裏側に大きなブツブツができた状態

上まぶたの裏側に大きなブツブツができた状態

汚れたコンタクトレンズを使ってるなんて思っていませんでした。

18歳・女性・高校生
コンタクトレンズ歴5年の私。コンタクトレンズにも慣れて、扱い方も超適当になっていました。
手洗いは水だけ、レンズのこすり洗いとかもあまりやらなかったし、調子悪いなぁと思っても無理してつけてたり。定期検査も行ってなかった…。
少し前から目がかゆくなって、目ヤニも増えてきて、ヤバイって思って眼科に行ったら「巨大乳頭結膜炎」だって。
先生が上まぶたをめくると白いブツブツがいっぱい、ショックだった。

 

コンタクトレンズに付着した汚れが原因で、アレルギー性結膜炎を起こし、まぶたの裏にブツブツ(乳頭)ができます。一番の特徴はかゆみです。さらに、まばたきのたびにブツブツがレンズを持ち上げるので、(レンズが)上にずれやすくなります。レンズはいつも清潔に保つようにしてください。

角膜浸潤 かくまくしんじゅん

角膜が傷つき、白血球が集まるために角膜が白く濁る

角膜が傷つき、白血球が集まるために角膜が白く濁る
写真は検査のため、フルオレセイン染色をしてあります。

コンタクトレンズをつけなおす時間がなくて、そのままにしちゃってたら・・・。

15歳・女性・中学生
コンタクトレンズをつけたとき、「ゴミが入ったかも?」って思ったんだけど、時間もなかったからそのまま部活に。練習が終わってレンズをはずすと、なんか目がゴロゴロ。でも気にせずに次の日も同じレンズを使っていたら、お母さんに「目が赤いよ」と言われ眼科に。「角膜浸潤」って診断されました。

 

「角膜浸潤」とは、コンタクトレンズについた汚れなどが原因で角膜に炎症が生じ、白血球が集まっている状態をいいます。ゴロゴロした不快感や痛みをともないますが、レンズを装用するとおさまってしまうことがあり、異常を見逃しがちです。汚れたレンズをそのまま装用しつづけて、症状を悪化させてしまうケースも。目に違和感や充血などの症状があるときは、レンズの使用をただちに中止し眼科医の検査を受けてください。

こんなトラブルも

感染性結膜炎 かんせんせいけつまくえん

ウイルス感染による結膜炎。角膜のすぐ近くにまで充血がおよんでいる状態。

ウイルス感染による結膜炎。
角膜のすぐ近くにまで充血がおよんでいる状態。

目に入った汚れが原因で細菌やウイルスなどに感染した状態。汚れた手でコンタクトレンズを触ったことで起こりやすいトラブルです。ゴロゴロした不快感や目の充血などの症状があります。接触感染するため、人にうつさないように注意が必要です。手は必ずせっけんで洗う習慣をつけましょう。

点状表層角膜症 てんじょうひょうそうかくまくしょう

角膜の上にできた細かな傷

角膜の上にできた細かな傷
写真は検査のため、フルオレセイン染色をしてあります。

角膜の表面の細胞が部分的に脱落した状態です。コンタクトレンズの汚れ、ドライアイ、ケア用品に対する反応など原因はさまざまです。角膜は日々代謝しているので、軽度ならばレンズをはずしておけば治癒しますが、細菌などに感染しやすい状態です。ひどくなると傷が深く大きくなり、角膜潰瘍(下記)へと進行します。しかし軽度のときは自覚症状がないため、早期発見には眼科医による定期検査は欠かせません。

角膜潰瘍 かくまくかいよう

角膜が深く傷ついた状態

角膜が深く傷ついた状態

点状表層角膜症などのトラブルが進行し、角膜の深い部分の細胞まで欠損した状態です。激しい痛み、充血、目ヤニなどの症状があります。治った後も濁りが残るため、その部分の透明度を失います。細菌感染をともなう場合もあり、治療が遅れると失明にいたることがあります。

角膜の酸素不足でこんな影響も!
正常時の角膜内皮細胞→慢性的な酸素不足で細胞数が減り、細胞の大きさが不揃いになった状態

酸素が不足すると、角膜のもっとも内側の「角膜内皮」という、角膜の透明性を保つ大切な細胞にまで影響を与えます。「角膜内皮障害」といって、細胞が減少したり変形するうえ、機能も低下することがあります。自覚症状がないため、眼科医の定期検査が大切です。